dish128_128

にんにくの効果効能、黒酢にんにくの効果効能のひとつに「食欲増進作用」というものがあります。にんにくで食欲増進作用が期待できる理由について解説します。

1.にんにくの「食欲増進作用」とは?

にんにくには強力な「食欲増進作用」があります。

これは多くの方に知られている効果効能ですが、にんにく料理には食欲をそそる効果があり、夏バテ解消や食欲がない時期などに効果が期待できる料理なのです。

にんにく料理は世界中にあり、様々な料理でスパイス的な役割を担っていますが、これもにんにくのもつ「食欲増進作用」が取り入れられた理由と考えらえます。

2.にんにくに「食欲増進作用」がある仕組み

では、なぜにんにくに「食欲増進作用」があるのでしょうか?

にんにくに含まれるアリインが変化するイオウ化合物「アリシン」などの成分には、独特の香りがあります。この刺激臭が胃腸を刺激することで、胃液を分泌し、胃腸の働きを活性化するのです。

胃腸の働きが活発になれば、食欲が増して食が進むということになるのです。

にんにくに含まれるイオウ化合物「アリシン」には、たんぱく質の分解、消化吸収を促進する働きもあるため、料理と一緒ににんにくを取ることで、消化吸収を促進させ、「いつもより多く食べられる。」ようになるのです。

たんぱく質を豊富に含む、肉料理や魚料理などメインの食材と一緒に摂取するのが好ましいのです。

まとめ

にんにくには

  1. にんにくが持つ刺激臭・独特の香りが胃腸を刺激し、胃腸の働きを活性化する
  2. にんにくのアリシンという成分がたんぱく質を分解し、消化吸収を促進する

という2つの側面からの作用によって、食欲が増進する効果が期待されるのです。

ただし、空腹時に大量ににんにくを摂取しすぎると、胃液が出すぎで腸内の環境が悪くなってしまう悪影響が懸念されるので、一度に食べるのは2、3片までにしておきましょう。

にんにくは火を通しても、「食欲増進作用」は残るので、調理をしてメインの料理と一緒に摂取することでも効果を発揮します。