ninniku320

黒酢にんにくの主成分のひとつ「にんにく」とはそもそもどんなものなのでしょうか?

にんにくとは

にんにくとは、ネギ属の多年草で、球根の部分が食用や香辛料として使用されています。

産地

にんにくは、世界の8割が中国で生産されているものです。また、日本国内を見てみると、国産にんにくの8割は青森県産となっています。青森県田子町では、にんにくのブランド化を行い、青森県産のにんにくは、日本はもちろん、世界1位のシェアを誇る中国でも人気のにんにくとなっているのです。

にんにくの使われ方

にんにくは食欲を刺激する香味野菜の代表的な食材であり、臭みを消したり、食欲を増進する作用があるため、中華料理やイタリア料理、フランス料理など世界各国の料理でも重宝される食材です。餃子やガーリックトーストなど、にんにくが必要不可欠な料理も多く、日本でもにんにくを知らないひとはいないほどポピュラーな食材になっています。

にんにくブランド

「福地ホワイト六片」

日本で1位の生産量を誇る青森県の中でも、「福地ホワイト六片」というブランドにんにくが全国的に有名です。

「福地ホワイト六片」は、六片のつぶが大きく、糖度が高い、香りが良いなど味わいの良さと品質の高さで全国の名店や一流の料理人から支持されているにんにくなのです。

3年~5年をかけてじっくり畑の土を作り上げた上で栽培され、青森県の気候の厳しさもあり、逞しく育つにんにくなのです。青森県農業試験場の栽培試験でもその品質が認められ、青森県を代表するにんにくとして、全国に知られているのです。