bed128_128

黒酢の効果効能、黒酢にんにくの効果効能のひとつに「不眠症改善」というものがあります。黒酢で不眠症改善効果が期待できる理由について解説します。

1.黒酢の酢酸が血液循環を活性化し、身体を温める

不眠症になってしまうのは、多くの原因は身体の血液循環の不良による冷えだと言われています。

冷え性と同じように身体が冷えやすい状態の場合に安眠が妨げられてしまうのです。

黒酢の「酢酸」には血管を拡張する作用があり、「アリシン」と「アホエン」には血流を妨げる物質の作用を抑える働きがあります。

そのため、黒酢には血液サラサラ効果がると言われているのですが、血液循環が良くなる、血行が良くなることで体温が上がり、寝付きやすい身体に変わっていくのです。

2.黒酢のアミノ酸の一種「トリプトファン」が神経を穏やかに保つ

黒酢のアミノ酸に含まれるトリプトファンという物質は、神経を穏やかに保つ働きがあります。神経を穏やかに保つ作用があるため、不眠や鬱などの改善にも効果があると言われています。

3.黒酢のクエン酸も、不眠改善を助ける

黒酢に含まれるクエン酸が疲労回復効果があることはご存じかと思いますが、疲労物質である乳酸を取り除く働きがあることは、不眠症の改善にもつながるのです。

不眠の一因となる乳酸菌を取り除くことで、安眠できる体内環境を整えるのです。

まとめ

黒酢の成分自体が、直接的に不眠を解消するというわけではありませんが

  • 代謝を上げる
  • 体温を上げる
  • 疲労物質を取り除く
  • 神経を穏やかに保つ

という作用があるため、総合的に作用し、不眠症の改善につながるのです。不眠で悩んでいる方はチャレンジしてみる価値はあるでしょう。