road128_128

黒酢の効果効能、黒酢にんにくの効果効能のひとつに「血液サラサラ」というものがあります。黒酢で血液サラサラ効果が期待できる理由について解説します。

1.黒酢の有効成分「酢酸」が血管を広げてくれる

黒酢には「酢酸」という成分が含まれています。読んで字のごとくの「酢」の成分です。

酢酸は細胞に取り込まれると「アデノシン」という物質を生成します。

「アデノシン」という物質は血管の壁に作用して、血管を広げる働きを持っているのです。血管が広がれば、当然血液の流れも良くなり、血液がサラサラになるということになります。

2.「アリシン」と「アホエン」という成分が血小板が固まることを抑制

黒酢に含まれる「アリシン」と「アホエン」という成分には

  • 血小板凝集抑制効果
  • 白血球粘着抑制効果

が期待されます。血小板が集まって固まってしまえば、血液はドロドロになってしまいます。。どうように白血球の粘着が大きくなれば、これも血流の妨げとなってしまうのです。

まとめ

黒酢・黒酢にんにくには

「血管を広げる」とともに「血小板や白血球が固まることを防ぐ」効果が期待されるのです。

その結果として、血液サラサラという状態を実現してくれるのです。

血液サラサラになることで期待できる改善効果

冷え性改善

冷え性は、末梢血管へ血液循環が上手く機能しないことで起こります。血流が良くなれば冷え性も改善すると言うことです。

肩こり改善

肩こりも、血液循環が上手く機能しないことで、筋肉が固まってしまうことが要因のひとつです。血流の改善で肩こり改善も期待されます。

美容効果

血行不良は肌荒れやくすみなどの原因にもなります。血流を良くすることでアンチエイジングや美容効果も期待できるのです。